雑文たち

たまに面白い文章に出会えるかも。

娘(小5)の教育

小学校5年生の娘が、家庭科のテストで50点(100点満点中)をとった(とってしまった)。

 

親に見せながら、「マジ、ヤバイ」「たぶん、クラスで一番低い」などと言っていたので、本人としても反省はしているんでしょう。

 

と同時に、親も反省してしまった。

 

あまり口うるさく言うのが好きではないので、「勉強しろ!」なんて一言も言ってこなかった。

さらには、夏休みなんかの長期休みも、学校から出された宿題以外、特に何もやらせず、さらには朝も起こさず寝たいだけ寝かせていた。

なので、長期休み(今は春休みですが)は、一日パジャマだったりするし、YouTubeみてゲームしてみたいな日々。

 

そんな生活でも、こんな生活できるの今だけだしと放っておいた。

それが、良くなかったのかも。。。

 

というわけで、娘の教育をどうしたらよいか、色々と考えた。

 

まず、これまでのテストの間違いの傾向を思い返してみると、国語・算数は、理解はできているものの、問題文の読み込みが浅いために、うっかりミスを連発している。

 

理科・社会・家庭科なんかは、覚えていればできそうな問題が、まるでできていない。かと言って、ここで記憶力に問題があるのでは?と思うのはナンセンスかな、、、と思う。

たぶん、事象の背後にある要因にまで、目が向いていないんだと思う。

 

どうやったら目が向くか?

単純に、興味関心の問題だと思う。

興味関心が薄いから、「なんで、こうなるの?」とか疑問もわいてこないし、疑問がわいてこないから「なるほど!」とか「へぇ~」なんて感覚も出てこない。

 

あとは、100点取っても、親が全く褒めないのも、良くなかったかなーと反省。

その代わり、点数悪くても、特に何も言わなかったけど。

 

100点取って親が喜ぶ姿を観たら、娘もできる喜びみたいなものを感じてくれるかなーと。

 

なので、6年生からの教育作戦「100点を目指してもらう。」

そのために、問題文をしっかり読んだり、見直しをしてなるべく100点を目指してもらう。

さらに、親としても、100点取ったら、きちんと頑張ったことを認めてあげる。

 

あとは、興味・関心を抱かせる。あるいは、(無理やりにでも)質問を考えるよう努力させる。

「なんで、そうなるの?」

「どうして、そういうふうにするの?」

これは伝えるだけでは難しい気もするけど、とりあえず伝えた上での反応を見て、新たな作戦を考えるとするか。

う~ん、何かいい方法はないものか。。。

 

そういえば、だいぶん前の話になるけど、九九を覚える時も、ほったらかしにしてたら、ヤバイ!!てなって、あわてて勉強に付き添ってあげたな。。。

 

あーしろ、こーしろ言い過ぎるのは、良くないかなーとは思うけど、親として、子供を仕向け、その気にさせ、後押しするのは、大事な責務だなーと感じた。

今さらですが。

僕なりのマインドフルネス

つい最近、ティク・ナット・ハンという禅僧の方が書いた、般若心経を解説した本を読んだ。

 

昨年から、般若心経の写経をはじめ、写経セット付属の解説本を読んでみたんだけど、なんともよく分からない。

しばらくは、意味の分からないまま写経を続けていたんだけど、たまたま見ていたテレビにティク・ナット・ハンという人が出ていて、その人が般若心経を解説した本があるってことで読んでみた。

 

1回読んだだけで、スーッと理解できた!!とはいかないけれど、理解への糸口はつかめた気はする。

それだけでも、大きな前進である。

じっくりと噛みしめながら、何度も何度も読み返すうちに、より理解は深まっていくと思うし、得られる学びも大きくなる。そんな本なので、ぜひ手元に置いておきたい。

 

ちなみに、この本には、般若心経の解説と合わせて、講話の書き起こしも掲載されている。

 

ところで、話は全く変わりますが、かのグーグルではマインドフルネスを研修で取り入れ、実践しているのはご存じでしょうか?

で、この本の著者ティク・ナット・ハンさんは、そのグーグルでも、マインドフルネスについて講演を行ったことがあるそうです。

 

話をまた戻して、この本に書かれている講話の内容も、マインドフルネスに関して、教えてくれています。

 

マインドフルネスとは、とてもとても簡単に言ってしまうと、「今この瞬間に集中する」こと。

歩いているときは、歩いていることに集中する。

ご飯を食べるときは、その食べ物を作ってくれた太陽・大地・人々の労に思いを馳せながら大切に頂く。

呼吸をしているときは、吐く息・吸う息に集中する。

 

そんな、マインドフルネスの教えを読んでいて、ふと気づいたんです。

 

俺、夕食時、一口目のビール飲んでるとき、完璧なマインドフルネス状態じゃん!!

 

意識のすべてをビールに集中し、味を堪能し、冷たさを感じ、ホップの香りを丁寧に味わい、琥珀色を確かめながら飲んでいる。

その時は、家族に話しかけられても返事はせず、ただただビールに集中している。

 

僕なりのマインのフルネスを、こうやって毎日実践している。たまには、休肝日設けなきゃなーと思いつつ。

2021年初頭に思う

明けまして、おめでとうございます。

と言っても、既に25日経過していますが、、、。

 

いつもなら、3月4月のスケジュールが埋まってくる時期なんですが、ワークショップや研修の実施が難しい昨今、なかなか問い合わせが入ってきません。

 

まあ、いつまでも、そんなことを嘆いていてもしょうがないので、あの手この手この手あの手で、仕事を創造していけたらなと(やっとこさ)前向きに考えられるようになってきた。

 

2021年になったからって、そんなに直ぐに気持ちが切り替わるわけがない。

だから、状況は変わらなくても、ネガティブな気持ちだけは、2020年に置いてこようと(無理やり)意識したおかげで、なんとか持ち直しつつある。気持ちだけは。

 

まだ、時々折れそうになるけれど、この切り替わった気持ちを大事に育てて、行動に繋げ、状況の変化に繋げていければなと思っている。

 

2021年、あと340日あるので、少しづつでも行動で状況を変えていきたい。

 

ひとつ考えているのは、事業の軸足をずらしてみよう(180度変えるのではなく、オンライン等で対応できるよう、あくまで”ずらす”)って構想はあるので、あとはどうやって進めていくかだな。。。

 

それと、もう一つは、これまでの経験をベースとした事業の構想もある。

こちらは、数年単位での活動になりそうなので、今年中にでも種を撒き始められればいいかな。

しかも、こちらは対話を重視した活動なので、今は無理。

 

そう考えると、やっぱり僕は、対話や体験を通じた学びってものに興味があるんだなとつくづく思う。

それこそが、ファシリテーションの醍醐味だったりするし。

※お知らせ※ キャリア相談・働き方相談の初回無料サービスを行っています。

個人向けサービスの「キャリア相談・働き方相談」の初回無料サービスを行っています。

試しに相談してみたいなって方は、ご連絡ください。

※現在は、感染症予防の観点から、オンライン(ZOOM)でのみ行っております。

 

≪お問い合わせ方法≫

『氏名(ニックネーム可)』『年齢』『簡単なご相談内容(こんなことを相談しようと思っています。。。等々)』をご記入の上、下記メールアドレスまでご連絡ください。

内容確認後、折り返しご連絡いたします。

メールアドレス:info※career-cc.com  ※を@に変換してください。

 

facilitate.hatenablog.com

働いてきた世界が違うと、選ぶ言葉も違う。

先日、職務経歴書の作成を支援させていただいた方。

これまで、行政での業務が中心で、企業での実務経験がほとんどない方だったのですが、これまでの業務経験を積む中で、企業でのバックオフィス業務に興味を持たれたとのこと。

 

全くの未経験職種への転職で、なおかつこのコロナ禍。

なかなか厳しい活動になりそうですねとアドバイスするも、ご本人のご意向は固い様子なので、少しでもお力添えをと思い、ご協力させていただいた。

 

これまでの業務経験を根掘り葉掘り聴いて、職務経歴書に落とし込む作業をお手伝い。

例えば、自己PR欄を記載するとき、お話をお伺いしていると「〇〇〇」ってご自身の強みとして、記載できるんじゃないですか?とご提案。

 

ご本人も、なるほど!そういうことか!!と随分ご納得していただけた様子。

 

で、後日、添削後に修正していただいた職務経歴書を拝見し、再度作成のお手伝い。

すると、僕が使った言葉をそのまま使った部分が、全体の流れの中で読むと、とてつもなく違和感を感じる。。。

 

その箇所だけ見れば、どうってことないんだけど、職務経歴書全体の流れの中で見ると、僕が使った言葉だけが、妙に浮いて見える。

 

これっておそらく、ご本人の選んだ言葉じゃないし、ご本人の腹から出てきた言葉じゃないからなんだろうな。

というわけで、「〇〇〇」って言葉を、ご自身の言葉で言い換えると、どんな表現が適切ですかね?と、あーだこーだ話しながら、なんとか最終形にまで持っていった。

 

僕は、自分が使っている言葉が、当たり前に使われていると思っていたけど、こうやって異業種を経験なさってきた方にとっては、全く異なる言葉遣いだったりするんだなーと反省。

それを踏まえた言葉の選び方ってものを考えなきゃいけない。

 

今回は、応募書類の作成をお手伝いするところまでだったので、その後、その方がご希望の職種に転職できたかは不明ですが、ただの応募書類作成を通じても、ご自身のこれまでのキャリアを深く探るきっかけにしていただけたようですし、相手(求人企業)の考えていることを知ることができたようで、それなりにお役に立てたかなとは思う。

 

ただ、やっぱり、ご本人が希望の職に就けてこそ、それもこれも報われるわけですが。。。

やたら不安が襲ってくる

ここ3か月くらい、ネガティブ感情を伴った過去の記憶が次から次へと蘇ったり、現在進行形の仕事などに対する過剰な不安を感じたり、将来に対する漠然とした不安に押しつぶされそうになることが多々ある。

 

これは、なかなかキツイ。

まず、夜眠れない。僕の場合は、寝つきは良いんだけど、夜中に目が覚めると、その後はうつらうつらするばかりで全然眠れない。

日中も、寝不足と押し寄せる不安感で、なかなか目の前のことに集中できない。そんな状態を子供たちに悟られたくないので、なんとか取り繕うのも一苦労。

まあ、幸いにも食欲はあるので、その点は助かっている。

 

なんでこんなことになっちまったのかなー、と考えてみると、生活環境の激変したからではないかと思う。

新型コロナウィルスの感染拡大により、自粛生活を余儀なくされ、面と向かって人と会うことが極端に減った(と言うか、ほぼ無くなった)。特に、気心知れた仲の良い友達と会って話をしなくなったのが、けっこう応えているのだと思う。

僕は内向型人間なので、自粛生活が始まった当初は、1人でのんきに過ごすことができていいじゃねーかと思っていたけど、長い期間、家族以外の人と話をしないというのは、ボディブローのように心を痛めつけてくる。僕は、もともとネガティブ傾向にあるので、ポジティブ思考の友達(ネアカな人)と話すことによって、思考のバランスを保っていたんじゃなかろうかと思う。

 

家族以外の人と会話をする大切さが、今になってようやく分かった。
今なら、定年退職後、家にいるようになったオジサンが、急に元気がなくなるのも良く分かるし、ママ友作って、道端で井戸端会議している専業主婦の方々の気持ちも、身に染みて良く分かるようになった。

 

外の世界とのつながりは大切です。

 

ところで、次から次へと不安感が襲ってくる今の状態を、生物学的にも知りたいと思い、いろいろと調べてみた。(この辺り、無気力ではないから、うつ病とは違うんだろうなと思う。)

 

色んな情報を調べて統合した結果、僕なりの仮説にたどり着いた。
専門家でも何でもないので、あくまで僕の仮説と言うことで。

 

不安や恐れにさいなまれているとき、脳内の偏桃体というところが活発になっているらしい。

この偏桃体は、人類のずっと祖先、脊椎動物の原型と言われる魚だったころから存在した脳の一部らしい。天敵(当時の天敵は、オウムガイだったらしい)に遭遇した時、不安や恐れを感じ偏桃体が活発になり、ストレスホルモンを生み出す(体が緊張する)。その結果、天敵から逃げることによって、種の保存(あるいは個の生存)に貢献してきたらしい。

 

ただ、今の僕の状態は、想像が作り出した不安や恐怖であって、防御反応として偏桃体君は活発に反応しなくていいんだよね。

そこで、この偏桃体の過活動をどうやったら抑えることができるのか?を調べてみたら、どうやらセロトニンという神経伝達物質が、偏桃体の過活動を抑えるらしいことが分かった。

 

このセロトニンは、規則正しい生活・日光を浴びる・運動・トリプトファンを含む食材の摂取で増えるみたい。

 

そしてもう一つ、偏桃体の過活動を抑える方法として、脳の前頭葉(たしか?)という部分を鍛えればよいということも分かった。前頭葉から、偏桃体に対して、あんまり暴走すんなよって信号が送られるらしい。
ちなみに、この前頭葉は、人類として進化していく過程で発達した脳だそうだ。

でも、どうやってこの脳みそを鍛えればいいんだ?脳トレ

実は、瞑想(いわゆるマインドフルネス)で鍛えることができるらしい。

 

あとは、そもそも、今感じてる不安感は、本当に不安に感じるほどの事柄なのか?ひょっとしたら、僕自身の考え方(認知)が歪んでいるから、不安に感じるだけで、実はたいした問題じゃなかったり、もっと建設的な考え方もあるんじゃない?ってアプローチする方法もあるらしい。

これは、認知行動療法って言うみたいだけどね。

 

まあ、なんやかんや書いたけど、早く友達とゆっくり酒でも飲みに行けるようになってほしいのである。はい。

あの戦争はなんだったのか?書籍「失敗の本質」を高校生にも読んで欲しい

コロナ禍の夏休み、どこにも行けず暇だったので、本でも読んでみるべかーと思い、「失敗の本質」を読んだ。

大東亜戦争における日本軍の戦い方(戦略)を、組織論的アプローチで分析・研究した本。で、その分析・研究から、なぜ負けてしまったのか(失敗したのか)を探っていくという古典的名著。

 

めちゃめちゃ簡単に言ってしまうと、、、
日本軍の中枢にいる人たちが、意思決定をする時に、どんなこと考えてたのかを知ることができる本。そして、その意思決定のやり方に、どんな組織上の問題があったのかを分析してくれてる。

事実をしっかり調査してあるので、かなり読み応えのある。そして日本の組織を知る上で学びの多い本。

 

なので、経営者の方や、人事の仕事に携わっている方なんかは、けっこう読んでる人多いと思う。

 

しかし、僕は、この本をぜひとも、広島の高校生(別に広島じゃなくても良いけど)に読んでもらいたい。

 

僕自身、広島出身なんだけど、広島の小中高校生は、夏になると、とにかく原爆投下時の広島の様子を勉強する。

祖父母に当時の広島の様子の話を聞いたり、「はだしのゲン」みたいな映画を観たり、平和祈念式典に参列したり。

 

そのような体験を通じて、被爆者の苦労や核兵器の恐ろしさや悲惨さを感じ取ってきた。だから、僕にとって戦争と言えば、原爆であり、焼け野原となった広島の街であり、被害を受けた市井の人々の苦痛であった。

 

これはこれで、後世に知らせていくべき大事な事実なんだけど、あの戦争を語る上で、もう一つの大事な側面を僕に教えてくれたのが、「失敗の本質」という本。

 

少なくとも僕ら世代(40代)は、広島で学生生活を送っているとき、原爆の悲惨さを被爆者の目線を通じて、学んできた。

でも、市井の人たちの目線だけではなく、その時、日本軍の幹部が、どのような思想を持ち、どのような考えをし、意思決定をしてきたかを知ることができたら、その時の市井の人々が置かれた状況の悲惨さ(不条理)への理解が、もっと深まると思う。

 

だから、高校生にもぜひ読んでもらいたい「失敗の本質」。

 

僕ももっと早く読んでいればよかったと後悔。